6月の思い出・・・引っ越し・同窓会・八雲会総会

🚙 6月1日 引っ越し
息子が5月いっぱいで、親戚から借りて約20年間暮らしたS市のT町の家から車で5分ほどの部屋に引っ越すことになり、3週間、毎週行って片づけと整理をした。(引っ越すのは息子たちなんだけど、彼らが超多忙で余裕がないのと、20年間のべ3人の家族が暮らしたので、それぞれの荷物を整理し、捨てられるのは唯一私だけ・・・。隅から隅まで、そのまた隅まで徹底的に掃除した((+_+))!(^^)!
2019-05-20 013.jpg2019-06-02 005.jpg2019-06-02 009.jpg
私にとっても懐かしい20年間の愛着の家だ。 このたび持ち主の親戚が東京から帰ることになったので夏までに出ることになっていた昨年からの予定である。
それにしても、本、本。本。二人分の本、そしてペーパーの山を分類して捨てる・・・のは至難の技。
本を捨てるのは辛い。中にカラフルな下線やマーカーで、勉強の跡が残っているとなおさらだ。が、これらを収納する場所が引っ越し先にはないのだから、処分するより仕方ない。 

結局、本の3分の2は富山まで2回にわたって車で運んだ(富山にだって納まる場所がなくいまだ階段の隅に積んであるけれど。
 
6月初めに最後の大型ごみを捨てて、鍵をお返ししたが、持ち主のかたがしばらく後に見に来られて「本当に綺麗に掃除して頂いて!!!」と何度もお礼を言われた時には心から嬉しく安堵した。1軒の家を長年ご厚意で貸して下さり、この上なく良い環境で勉強させて頂いた。近々壊されるかリフォームされるにしても、貸して下さった今は亡きK氏への感謝の気持ちで掃除をし、ゴミ1つ無くしてお返ししなくては、と思ったのだ。


🍸 6月16日(日)は、年に1度の大学同窓会富山支部総会。
今年は高岡市のホテルニューオータニ高岡3Fの日本料理「都万麻(つまま)」で会食、そのあと高岡の鋳物メーカー「能作」で鋳物製作体験。
2019-06-16 098.jpgttl_imono-820x360.jpg
2019-06-16 092.jpg      真剣に楽しく! ペーパーストーン(紙重石)を製作
2019-06-16 053sc.jpg

6月30日(日)富山八雲会総会・公開セミナー
img487ss.jpg

第Ⅰ部 講演「怪談をめぐる物語」 講演・中島淑恵富大教授(仏文科)
2019-06-23 048ss.jpg    中島先生はハーンとフランス文学という新しい研究分野を発掘
2019-06-23 040scs.jpg講演の「怪談」に合わせて?お着物姿で。メリハリ・立て板に水、決して居眠りさせない話術です

🎶 第Ⅱ部 ピアノ曲の夕べ ノルドグレン作曲「小泉八雲の『怪談』によるバラード」
演奏は 桐朋学園大学院大学2回生 瀬上純令(すみれ)さん。富山高校、金沢大学数学科を卒業し、呉羽にある名門の大学院でピアノを学ぶ異色の新鋭ピアニスト。 瀬上さんの才能をさるコンサートで直前に見い出し、今回のノルドグレンの富山県初公開演奏を実現にこぎつけたのは松井玖美八雲会副会長。
2019-06-22 018scsc.jpg
前日夕方、演奏会場となる高志の国文学館ロビーで一人リハーサルをする瀬上さん
img493sc.jpg
さて、当日、ノルドグレン(フィンランドの作曲家。東京芸大に留学していた時にハーンの作品に出合い、怪談の作品のバラードを作曲)の曲だけでは重いので、彼女の得意な「エリーゼのために」とショパンを入れて4曲演奏。真ん中に八雲の作品の「十六桜」「耳なし芳一」のバラードを。
img493sccc.jpgimg493scc.jpg
瀬上純令さんの力強い響きが夕方の文学館の緑の木々ににも響き渡りました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント