馬場邸・馬場記念公園見学 ~ 馬場はるさんを偲んで

画像
             富山市岩瀬の馬場邸

10月11日(土) 富山八雲会10月の例会では、岩瀬の馬場邸を見学しました。
八雲会会長の馬場是久氏のお家ではありますが、このたび、馬場家は富山市にこの家屋敷地を寄贈することになりましたので、その前に富山八雲会の会員が中を見学させて頂くことになりました。

馬場家は江戸時代、北前船廻船問屋として日本でも破格の財力を持った家であり、旧制富山高等学校生みの親である馬場はるさん(明治19~昭和46)が嫁ぎ没した家であります。 

画像
海に面した方に正門 海に注ぐ神通川がかつてはここまで来ていて船の荷の積み下しをしました
画像
          昔ながらの立派な塀 庭の松は手入れされていません
画像
          見学する八雲会の皆さん 今日の参加は24人
画像
今度は家の中に入って  ここは云わば商家のメインストリートのようなところ
画像
               吹き抜けの天井には明かりを取り入れる窓が

船の到着とともに家人や使用人がこの三和土を足繁く往き来したことでしょう。その様子を未亡人はるさんはこの左手の部屋の囲炉裏の前に座って、監督し采配をふるっていたということです。
画像
      こんなふうに。はるさんに代わって座ってみた平井さん
画像
                まず土蔵を見学
画像
土蔵には富山市に寄贈することになって整理されている古文書などがありました。 左手に掛かっているのはこの蔵の大きな鍵
画像
           蔵はいくつかありました ここにはどんなお宝が・・?
画像
別の蔵の二階に上ると太い梁の頑丈な造りが ここにもまだ未整理の古文書が山とあります
画像
こちらは米蔵 高い高い天井まで積み上げられた米俵を想像してみます

さて一通り屋内を見学したあとは、座敷に座って馬場家当主の馬場八雲会会長のお話を聞きました。馬場会長ははるさんのお孫さんです。
画像
廻船問屋馬場家の歴史や財力、祖母であるはるさんのことなどお話されました
財力で言いますと、江戸時代の馬場家は海運業廻船問屋のみならず、全国でも五指に入る資産家。東京、熱海、軽井沢など数個の別邸がありました。東京新宿の別邸は、最近まで最高裁判所長官の官舎として使われ、これらの設計はすべて富山県南砺市出身の建築家吉田鉄郎がしました。吉田鉄郎は東京、大阪の駅前の中央郵便局を設計した日本有数の建築家です。
画像
馬場はる明治19年下新川郡泊町(現朝日町)の旧家小沢家で生まれる。小沢家は大変裕福な商家で江戸時代加賀藩の十村(とむら・その地方の田畑森林を治める役割)も務めた名のある家柄。はるは大変厳しいしつけを受けて育てられ、15歳の時、上新川郡岩瀬町(現富山市)の海運業を営む馬場家の長男馬場道久に嫁いだ。

はるは一男三女に恵まれ、幸せな生活をおくっていたが、夫道久が40歳の若さで亡くなり、はるは32歳の未亡人となり、子育てと海運業の経営を一身に背負うことになってしまった。

長男の正治が県立富山中学(現富山高校)から慶応義塾に入学したとき受験勉強に苦しむ姿を見て心を痛め、富山県にも高校があればいいのに、と思った。それは県民の願いでもあった。当時中学より上の旧制高校へ行くには新潟県や石川県、または東京などの大都市へ行くしかなく、その数も少なかったので入学試験はとても難しかった。
画像

夫の亡くなった4年後の1923年(大正12年)、はるは「高等学校設立の資金に」と県に150万円(今では20億円以上)の寄付を申し出、県は資金を足して、蓮町に富山県初の七年制高等学校(尋常科4年高等科3年)を設立し、大正13年春に開校した。以来、毎年多くの生徒が入学試験を受けた。

はるは高校開校後も、高校のために寄付を続け、明治の文豪ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)の蔵書を遺族から今の価値にすると1億円で買い受け、「ヘルン文庫」として開校記念に寄贈している。 旧制富山高校は、多くの優れた人材を旧帝国大学へ送り出したが、昭和24年、富山高校は27年の歴史を閉じて、新制富山大学文理学部として引き継がれた。

画像
         約10年前 この座敷には八雲の孫の故小泉時さんも訪れた

お話を聞き、女性の地位の向上、社会進出が当たり前になった今の世の中ならいざ知らず、封建制度只中の地方の町で、女性が巨額な私財を寄付するような判断や決定は可能だったのでしょうか??未亡人と言えど、はるさんの、大商家を取り仕切る才覚と人格に依るところでしょう・・か?

さて、地元四十万亭のランチのあとは、車で3,4分の蓮町に移動し、旧制富山高校の跡地である馬場記念公園を散策しました。
画像
         牧野事務局長のご挨拶(四十万亭)
画像
広大な旧制高校の跡地 今は馬場記念公園  ヘルン文庫跡地の碑を囲んで会員の大村さんから旧制高校やはるさんについてお話を聞く
画像
旧制高校卒業生、88歳の野村さんも在学時のヘルン文庫の思い出を語る  当時ヘルン文庫は「神棚」のように大事に扱われ、英語の先生以外、近づかなかったとか
画像
         公園の一角に「馬場はる刀自」の像
画像
        初代校長の南日恒太郎像(ヘルン文庫を誘致)       
画像
         旧制高校の正門はいまだ健在

歴史にタイムスリップして、富山の知の象徴となった岩瀬の文化財を探索した1日でした。
もっと詳しくご覧になりたいかたはこちらをクリック。
旧制富山高等学校 http://www.geocities.jp/qsay55/TY.html 
富山大学ヒストリア(映像)http://www.youtube.com/watch?v=POegDp7SqsU 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 31

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

かっちゃん
2016年12月09日 13:22
MYコレクションの1つに 馬場はるさん所蔵品であった 注文品の井波彫刻家 横山白汀 初代制作の 荒鷲の図 6尺大の 大広間に飾る衝立がございます。なにかの機会がありますれば 当時の栄華を偲ぶ作品として 飾りたいと思います。
casablanca
2016年12月12日 10:35
コメントありがとうございます。立派な美術品をお持ちですね。馬場はるさんゆかりのものとして、どのような衝立かお写真だけでも拝見したいな、と思いますね。
saru
2017年05月16日 05:01
馬場はるの曽孫にあたる者です。30年以上前に岩瀬の宅を訪れたことがあります。懐しく思います。
casablanca
2017年05月18日 07:14
saru様: 30年前ですか。馬場家は富山市に寄贈されましたのでそのうち隣りの森家のように見学が公開されると思います。貴重な富山の歴史、馬場家の歴史を伝える文化財ですね。どうぞまたいらして下さい。
ろっく
2018年11月17日 14:28
蓮町の馬場公園近くをもう何十年も通っているのに、不思議なことに、今朝、初めて「どんなところかな?行ってみたい。」と思い、ここにたどり着きました。
今日はあいにくの雨ですが、明日晴れそうなので行ってみます。今朝通った時にチラッと見たら、黄色い葉がたくさん落ちていました。楽しみです。
casablanca
2018年11月20日 23:48
馬場記念公園、行かれましたか? 岩瀬では廻船問屋森家が公開されていますが、
馬場家も2年前?富山市に寄贈されましたので、修復工事が終わったら来年早々見学できると思います。
キトキト
2018年11月30日 11:52
建築家、吉田哲郎 → 吉田鉄郎
ですね。
CASA
2018年12月08日 19:34
キトキト様  ご指摘ありがとうございます。即訂正致します。
マサコ
2019年01月24日 22:37
こんにちは。検索してこちらを拝読いたしました。手前味噌ですが、馬場はるさんの像は、亡き父が旧制富山中学同窓会事務局に携わっている時に、同窓会の皆様で作らせていただきました。見てくださる方がいて嬉しいです。当時の富山テレビの馬場はるさんとヘルン文庫のドキュメンタリーで、最後にちょっとインタビューに答えさせてもらっています。自慢話みたいで恐縮ですが。
森家は見学したことがありますが、今年の帰省では、馬場家を見られるのですね。楽しみにしています。
CASABLANCA
2019年03月04日 09:24
マサコ様 コメントありがとうございました。馬場はるさんの像とお父様の思い出、感慨深いことでしょう。今年の秋には馬場家も一般公開されるそうですからぜひどうぞ。