Boston その3 ハーバード大学

画像
           チャールズ川を渡ってケンブリッジ市へ

翌日25日(土)(アメリカ時間)は午前中に、ハーバード大学やMIT(マサーチュセッツ工科大学)へ。 それらは、「ボストン」にあるとばかり思っていたがチャールズ川を挟んで隣のケンブリッジ市だった。地下鉄レッドラインでチャールズ川を渡る。

画像
                   ハーバード大学正門

Wikipedia によると、
ハーバード大学(英語: Harvard University)は、米国マサチューセッツ州ケンブリッジ市に本部を置くアメリカ合衆国の私立大学である。1636年に設置された。
アイビー・リーグの一校。米国で最も古い高等教育機関であり、世界を幅広い分野でリードする。現在に至るまでオバマ大統領を含め7人のアメリカ合衆国大統領や、卒業生として48人のノーベル賞受賞者(卒業生のノーベル賞受賞者数としては全米一位)を輩出している。


画像

画像
          赤レンガと緑のコントラスト  Harvard Yard
画像

画像
         木の上から幹をつたわって降りて来るものが・・!
画像
  
画像
                 リスは栄養学の博士かな         
画像
                  ビューズィ図書館    
画像
              ハーバードカラーが緑に映える (建物は??)

画像

画像

画像
                ユニバーシティ・ホール
画像
   大学創設者のジョン・ハーバードの像がユニバーシティ・ホール前に
画像
           彼の足をなでると幸運に恵まれる、という伝説

次に目指すは、正門前の道路の向こう側にある広大な大学生協COOP(クープ)。 ついでに朝のブランチも頂く。
画像
             吹き抜けになった一階二階の書籍コーナー
画像
               10万冊の本が並ぶ

ハーバードの生協をあとにし、2駅くらいの遠くないはずのMIT(Massachusetts Institute of Technology マサチューセッツ工科大学)へ・・・・。ところが、駅を降りてもどうも場所がわからない。私は方向音痴に尽きるが、彼にしては苦戦している。
画像
  
というわけで、時間もないので、 Massachusetts Central Hospital へ行くことにしてタクシーに乗る。
そこは無事に外から見学し、再び地下鉄に乗ってボストンへ戻り、予約していたボストン観光最後の海鮮レストランへ。
画像
       Union Oyster House ユニオン・オイスター・ハウス   

1826年創業 アメリカ最古のレストラン、7年前、A National Historic Landmark (国の歴史的名所)に指定された。合衆国で現在まで続いている最古のレストランだそうだ。現在、ボストンで一番古い250年前の建物。
画像
       壁には19世紀頃のボストンの港町の様子を描いた絵が
画像
                ケネディが愛用した席
画像
  ボストンでは3回の牡蠣のチャウダーと生牡蠣、2回ののロブスター・・・
画像
                 バスの中からボストンへお別れ

さよなら、ボストン。サウス・ステーション午後2時発のバスでニューヨークへ帰る。まだまだいたかったなぁ~~~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント