CASABLANCA in the Valley

アクセスカウンタ

zoom RSS 3月の思い出3つ

<<   作成日時 : 2018/03/31 13:17   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

明日で弥生三月もはや終わり。 なんと2日ほど前に気づいた?桜の満開!

まだ早春賦の歌にふさわしい初旬には私は優雅な結婚式に招かれて東京へ。 3・10
画像
                 永遠の幸せを誓って
画像
春の色の象徴だろうか桜のピンクとともに この菜の花イエローを基調にした品格あるセッティング そういえば学生時代に郷里の友の結婚式で来たことがある。
画像
2月末に急逝した新郎の友人K君の席が哀しい....附属中・富山高校のなつかしい人たちのテーブル
画像

画像
          矢沢永吉的なエンターテイメントも楽しかったが・・・
画像
90歳を超えられた?新婦のお祖母様の秋田長持唄の素晴らしさに圧倒されました
画像
             格調高いホテルオークラのロビーでした


能登和倉万葉の里マラソン2018  3・11
東京から帰った翌日は能登半島、石川県七尾市の和倉温泉へ大阪から来たマラソンランナーたちを車で連れて行くことになっていました  翌朝6時に起きて6時45分出発。能越自動車道を使い、少なくとも2時間の予想より早く1時間半で着きました。
画像
この能登島大橋の写真は昨年の大会写真 今年は天気予報は雪・・・であったが朝はせめて晴れてくれました・・
画像
フルマラソン出場のマラソン2回目ランナーと10キロマラソンに出場するマラソン初体験者。気合だけは入っているようで・・。
画像
                        準備運動怠りなく
画像
      10時。 いよいよフルマラソンスタート 4500人
画像
       40分遅れて10キロマラソンがスタート  2000人
画像

結局、10キロマラソンはちょうど1時間で完走  練習の時は5キロしか走ったことなかったので、最後死にそうだったそうだが何とか予想以上に頑張れたと子どもみたいな達成感。
 
いっぽうフルマラソンは前日までの風邪熱がたたった上、突然の暴雨にも見舞われ、結局2時間半後に32キロ地点で泣く泣くリタイア〜〜 くやし〜〜

思いがけない幸運は、七尾湾の有名な牡蠣、採れたてを焼いて食べられたこと!その美味しさといったら・・・ フルマラソンを待っている間、イベント広場で。
画像
海辺のイベント広場ではテントの下で沢山の炭火が用意され、特別価格1つ百円の採れたての大きな牡蠣を思いきり焼いて食べました〜〜!(フルマラソンランナーさん、ごめんなさ〜い)
でも途中、突風と暴雨に襲われ、テントごと竜巻的に海へ飛ばされるのではとテントにしがみつきました〜〜〜〜〜〜〜  


 お彼岸の法要は美しいメゾソプラノの歌声で〜〜〜  3・24
画像

声楽家の堀江李理子さん、ピアニストの佐々木ゆき子さんに、立山町の善入寺で素敵なコンサートをお願いしました。 李理子さんは、指揮者としてコーラス指導で有名な堀江英一先生の奥様です。 その昔、中学時代、善入寺の住職夫妻の教え子だったとか♪(^_^.) 

1時間のお経と法話のあとは、40分ほどのコンサート、そしていらした方々はお座敷でお寺で手作りしたぼた餅を頂き、お茶を飲みながらほっこりしたひとときを過ごしました。
画像

 「春よ来い」「おぼろ月夜」「とんがり帽子」「みかんの花咲く丘」「あの子はだあれ」「この道」
「カチューシャの唄」「ゴンドラの唄」など、昔なつかしい歌とボリュームある美しい歌声に50人の檀家のお年寄りの方々は大感動。終わったあと、「良かったです〜〜」「涙が出そうになりました」と口ぐちに言っておられました。
ほんもののマイクなしのプロの歌声を、目の前で聴くことはめったにないことと思われます


画像
             本日 春の法要・音楽鑑賞会の演奏の方々と

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3月の思い出3つ CASABLANCA in the Valley/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる