CASABLANCA in the Valley

アクセスカウンタ

zoom RSS 遠山顕 in 富山県 ― その2 at 呉羽山「万里摩理」

<<   作成日時 : 2012/06/25 15:09   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 0

とやまけんにおけるとおやまけん先生の弾き語り公演は、八雲会公演の翌日、昨年夏に続き2回目、富山市の呉羽山にあるレストラン「万里摩理」で行われました。
画像


ゲリラ雨のようなどしゃ降りの中で家を出ましたが、呉羽山の「万里摩理」に着くとさ〜〜っと晴れて、呉羽山の緑は爽やかに研ぎ澄まされました。会場ではもう素敵な和風創作弁当が豪華に並べられて待っていました。お喋りしながら頂いて、いよいよ2階の舞台へ皆移動です。今日の演しものは・・・

  1. はなのき村と3人の盗人(ぬすびと)
  2. 新説・笠地蔵
  3. ザ・貧乏神・ イン・イングリッシュ
  4. 江戸小話
  5.  ラブソング・イン・イングリッシュ


この公演は、前日の八雲会総会(国際会議場)の広さと比べると、観客定員30人が満杯に埋まった熱気あふれる人口密度高い空間となりました。performer と audience の距離がぐっと縮まって、先生にはどこか身近なat home の雰囲気が・・。

画像
           「みなさん、こんにちは。 遠山顕です。」
画像
富山が好き、この会場が好き、・・というスマイルに満ちてご挨拶
画像
         さて今日も楽しみです 爆笑ともなうトークと弾き語り
画像
           次に飛び出すことばに注目
画像
     前座トークでは決まってこの「東海村」の浴衣が登場
画像
 この「東海村浴衣」には遠山顕先生の「思い」がつまっていたのです

中高時代の4年間ほど、先生は茨城県水戸市に住んでおられたとか、そのころ一緒に住んだお祖母ちゃんから盆踊りにでも着るようにもらったこの浴衣、いろいろな茨城県賛歌の歌詞が模様に書かれている中に、「原子の火」という文字が・・! 茨城県と言えば原子力で有名な「東海村」があり、日本で最初の原子力発電所ができたというのでお祝いに恐らく近隣の家々にこの浴衣が配られたらしい。

 東海村(Wikipedia より)
日本で初めて原子力の火が灯った村として有名である。1957年に日本原子力研究所(当時)東海研究所が設置され、日本最初の原子炉であるJRR-1が臨界に達して以来、多くの原子力関連施設が集積することとなった。現在も日本原子力研究開発機構、日本原子力発電東海発電所・東海第二発電所など多くの原子力施設が村内に所在し、近隣市町をあわせた茨城県の太平洋沿岸部は日本の原子力産業の拠点となっている。

1999年9月30日に東海村JCO臨界事故が発生した。村内では、施設の周辺住民の中性子線被曝や風評被害など、様々な影響があった。


昨年の大震災における東京電力福島の原子力発電所の恐ろしい事故は膨大な被害をもたらし、故郷や命を奪われた住民の哀しみは生涯癒えることはないのに、No More 原発!は喉元過ぎて、再稼働も決まったこのごろ。 先生には故郷の人々の悲しみや不安が胸の奥にあり、このような浴衣で当時の日本が、また地元の茨城県が、原子力バンザイと喜んでいた悪夢を伝えたかったのだと思います・・。

さて、いよいよ弾き語りが始まりました。ところが・・・大変うかつなことにデジカメのバッテリーが途中で切れるという不注意な大波乱。今回は先生の熱演の表情にフォーカスして見てみましょう!

画像
        英語と日本語 笑いと涙の琵琶弾き語りが始まります
画像
はなのき村と3人の盗人たち・・・骨まで響く声色に会場は緊張の糸がビーンと張り詰めて     
画像
         空気は琵琶の世界一色に

そして観客も固唾を呑んで耳を澄まします。八雲会のみなさんは昨日に続いて2日連続の遠山節に浸ります。
画像
琵琶のバチさばきを耳と目で感じる観客  お着物姿は「万里摩理」女将の富野さん

画像
          やがて語りもクライマックスに近づいて
画像

画像

画像
  感極まって腰が浮いてきました! 会場はいっしょに手拍子
画像
         ぶ、ぶれているのは熱演の証拠
画像
                    わお〜
画像
                こ、これでおしま〜〜い!

さてさてこの熱演には遠山先生も観客も?汗だく・・・。 
次は赤いマフラー首に巻いて・・そう「新説・笠地蔵」。 ああ・・・残念、残念、デジカメの電池がなくなってきました・・最後までたっぷり伝えられなくてごめんなさい。
画像
                赤いマフラーは、そうお地蔵様ですね

最後はあの黄色いジャケットでプレスリーはじめ、なつかしのラブソング。 
画像
          最後はプレスリーに変身します、もちろん琵琶無しで

呉羽山は2時間たっぷり、遠山メロディーと遠山節が鳴り響きました!!
みなその熱演エネルギーに圧倒され、深い余韻に包まれながら頭をくらくらさせて「万里摩理」をあとにしました。

画像
                呉羽山「万里摩理」の前で記念写真!

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
遠山顕 in 富山県 ― その2 at 呉羽山「万里摩理」 CASABLANCA in the Valley/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる